インプラント治療とは

インプラントという治療法をご存知でしょうか。これは、なくなってしまった歯にブリッジを立てて人工的な歯を埋め込む治療法です。従来のち両方では、歯がなくなってしまうと、そのまま放置するか入れ歯をするしかありませんでした。虫歯のデメリットは痛みが出るだけではなく、将来歯がなくなってしまうという不安がつきまとうということだったわけです。しかし、インプラントがあれば、歯がなくなってしまっても、人工的な歯によって普段通りの食事をすることができます。もう歯を失う恐怖に怯える必要はないのです。

インプラントは治療費が高い

歯がなくなったとしてもインプラントがあるので、日常生活に支障をきたすことはなくなりました。とは言え、虫歯になってもいいというわけではありませんし、インプラントにもデメリットがあります。人工的ではありますが、歯を作り出すわけですから、安い費用で済むわけではありません。治療にはそれなりのお金がかかりますし、保険適用の問題もあります。技術として確立されてはきましたが、まだまだ気軽にできる治療法ではないのです。

インプラントは施術する医師の腕が重要

また、インプラントにはもうひとつの注意点があります。それは、施術をする医師の腕に左右されるということです。簡単な施術ではないことからも想像はつきますが、何回も施術をしている医師とそうではない医師との間には技術的な差があります。歯医者と言えば、利便性を考えて近い歯科医へ行くことが習慣になっていますが、インプラントを行う場合には、少し遠くても信頼のある歯科医を探す必要があります。歯の悩みを解決してくれるインプラントですが、だからと言って普段の生活で歯の健康を疎かにしていいわけではありません。日々の歯磨き、定期的な歯科検診は欠かさないようにしたいものです。

三鷹のインプラントは高い技術によって天然の歯と同じように噛めるような仕上がりを目指すことが出来ます。