まずはコンタクトのタイプを確認

今や多くの人が日常的に使っているコンタクトレンズですが、目に直接付けるものですから安全に留意した方法で扱うことが必要です。毎日使うものですから、適切なケアができているのか確認してみましょう。まずは自分が使っているコンタクトのタイプを確認し、使用期限や交換のタイミングを守っているのかどうか知ることが大切です。使い捨てタイプだと、1DAYや1WEEKなど使用期限が決まっていますから、それを守らなければ適切な使用とは言えません。安全に使うためには必ず期限を守りましょう。

清潔に、慎重に取り扱うことが大切

コンタクトレンズを使う際は雑菌などが付着しないように気をつける必要があります。汚れてしまったまま目に装着すると目にも汚れや雑菌が付いてしまい病気の原因にもなります。そのため、コンタクトを扱うときはよく手を洗ってから慎重に扱うようにし、使い終わったら指定の方法で洗浄しましょう。またレンズに傷が付いてしまうと、その傷が目にも影響を与えることがあるため付け外しの際は使用方法を守って行うことが重要になります。

異常がなくても定期健診を受けましょう

日々コンタクトを使っていると、自覚症状がないうちに目やコンタクトに異常が起きている場合もあります。気がつかないうちに度が合わなくなっていることもあり、そのまま使っていると目だけでなく肩こりや頭痛など他の症状を引き起こす可能性もあります。そのため、異常が起こっていなくても定期的に眼科医による検査を受け、目やコンタクトに異常がないか、健康に影響を及ぼすようなことはないか調べることで、安心安全にコンタクトを使うことができるでしょう。

コンタクトレンズ危険性はドライアイを引き起こす原因になるため安全に使用することが大事です。装用時間が長くならないように気をつけると良いでしょう。